鍼灸マッサージの効用

HOME» 鍼灸マッサージの効用 »整体とマッサージの違い

鍼灸マッサージの効用

整体とマッサージの違い

整体とは

整体とは、整体師の手足および全身を活用して骨盤、脊椎を矯正し、人間本来の正しい姿勢に戻すことにより、人間の持っている自然治癒力を発揮させ、健康な体へと導く手技療法です。
整体は保険を使えません。実費負担となります。
整体の目的は血流とリンパの流れを良くし、自然治療力を高める為に、筋肉をほぐし、骨を矯正するのです。

この骨を矯正するためには、骨の周りに張り付いている筋肉をほぐす必要があるのです。
つまり、結果的に骨の矯正をするということは、表面の筋肉をほぐし、骨に張りついている内側の筋肉もほぐしているのです。
この内側の筋肉をほぐすことが重要であり、整体の特徴ともいえます。

整体とマッサージの違い

マッサージは、カラダの表面に近い筋肉をこすったり、もみほぐしたりして血行をよするものです。整体は、血行を促すことにより、筋肉の硬直を緩め、骨の歪みや関節のズレを矯正することを目的としています。

 

2014/09/17